バレエシューズの選び方

サイズ
バレエシューズは普段の靴より小さめの作りになっています。例えば、表示サイズが23cmでも実際は22cmサイズです。シューズを選ぶ際にはワンサイズ上のものを選ぶ必要があります。足の幅の細い人、細身の人でもプラス0.5pは最低必要です。幅広や甲高の人はプラス1.5p位でも良いかもしれません。
お店で試し履きして足にあっているか確認してもらうと失敗しません。

素材
布、前革(前の部分だけが皮製のもの)、オール革、サテン等があります。初心者には布製か前皮製のものが使いやすいようです。色はピンクや黒など。タイツの色に合わせると足が綺麗に見えます。

ソール
シューズの裏に張られた皮が一枚のものとふたつに分かれたもの(スプリットソール)があります。スプリットソールはつま先を伸ばした時にアーチについてきやすいのですが、上級者向けです。一枚皮の方が安定感があって初心者にお勧めです。
この記事へのコメント
・茹熙ソ、ャ、、エカ眇ソヘコハ、ネ・ウ・ウ、ヌツ鄙ヘ、ホノヤホム、、キ、゙、サ、、ォ。ゥ
Posted by ノヤホム at 2008年07月20日 18:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。